家庭内LAN

インターネット&LAN最近の傾向

暮らしの中でインターネットは大きな役割を果たすようになり、家づくりの際には、家庭内(宅内)LANの配線を検討することが一般的になってきました。
家電製品はLANに接続して使用する事により、リアルタイムで最新情報を得られたり、製品の不具合の迅速な対応や外部からのリモート操作にも対応が可能です。
現在、生活に必要なライフラインは電気・ガス・水道に続き、インターネットは、その次(4番目)と言われています。最近では新築や改築の際に家庭内ネットワーク環境を整備する事も重要視されるようになってきました。
このような家庭内ネットワークの構築を「DLNA」※と呼ぶようになりました。
そのネットワークを介してスマートフォンに対応する家電製品を「スマート家電」と呼んでいます。

家庭内LANは早めの検討が重要

家庭内LAN(Local Area Network)とは、ブロードバンドを各部屋から使えるようにするためのネットワークのこと。LAN配線を最初からしておけば、リビングでも子供部屋でも寝室でも、どの部屋からでもインターネットの接続が可能で、別のパソコンでもつなぎかえるだけで使用することができます。
それにはインターネット接続サービスにあわせて、モデムやルーターなどが別途に必要となります。その設置が終了すると、それぞれの部屋で、LANコンセントにつなぐだけで利用できるようになります。
将来、どの部屋でLANが必要になるか、早めの検討がポイントです。

新築時・改築時には是非検討したい配線計画

住まいのプランニングの際には、配管や配線は先に決定しておきます。電気に関わる打合せは、間取りと同時にプランニングし、その際にLANも同様に検討するようにしましょう。
後からの追加配線も可能ですが、余計なコストが掛かりますので電気と一緒に検討します。

無線ではダメ?

無線LANであれば配線もいりませんが、安定した通信速度の確保や、セキュリティ面の考慮、電波障害等を考えると、せっかく新築・改築するのであれば、まずは有線LANを考えた方が得策ではないでしょうか。
その理由として、無線LANは後からでも設置が可能だからです。
お手持ちのスマートフォンと連携させる為に、WiFi環境を作り、有線LANと無線LANを併用している方も多数いらっしゃいます。

使う部屋を確認、パネル設置場所の確保

テレビ、LAN、電話コンセントなどをひとつにした マルチメディアコンセント
家庭LANを取り入れる場合は、まず、どの部屋でインターネットを使うのかを考えます。
パソコンをどこで使うか、デジタル家電はどこに置くか、子供が成長した時のことなど、ライフスタイルの変化も考慮しておくことが大切です。そして、それらに対応できるコンセントをどこに、いくつ、設置すれば良いのかをご相談ください。

情報収集も早めに。事前に相談を・・・最先端技術に対応!

宅内LAN工事は、わが家にとって、どんなインターネット環境が必要か、早めに設計担当者や施工会社と相談することがとても重要です。
弊社ではデジタル環境に対して専門に対応できる体制がございます。
モデルプランや見積もりなどもご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。